フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

【リスク大】大学院を中退して公務員試験を受けるメリット・デメリット

f:id:minatoblog:20191002143859p:image

大学院を中退して、公務員試験に挑戦するのはあり?

もちろんありだけど、リスクが大きいことを覚悟して臨むべきだよ。

 

こんにちは、ゆうです。

 

大学院がつらい、辞めたいと思っている人で、中退後に公務員を目指したいなと思っている人もいるはずです。

 

公務員は一般就職よりも年齢制限がゆるくて、大学院を中退していても挑戦はしやすいです。

 

さらに、公務員になると一生安定した給料体系で仕事をすることができます。福利厚生も抜群です。

 

公務員になれればメリットがかなり多いわけですが、もちろん志した人全員がなれるわけでは決してありません。

 

大学院を中退して公務員試験を受けようと思っている人にはこのリスクの方も十分理解してから挑戦するかを決めるべきだと思います。

 

それでは、大学院を中退して公務員試験を受けるメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

 

大学院を中退して公務員試験を受けるメリット

大学院を中退して公務員試験を受けるメリットはこちら↓

  • 安定した職業に就くことができる
  • 福利厚生も抜群
  • ワークライフバランスが取れる人もいる

 

安定した仕事で、待遇や福利厚生がかなり優れているのがメリットです。

 

どの区分の公務員になるのかにもよりますが、ワークライフバランスが取れて、アフターファイブを満喫できる人もいます。

 

公務員試験に合格して、晴れて公務員になれるのであればメリットしかありませんが、なるまでには大きなデメリットがあります。

 

大学院を中退して公務員試験を受けるデメリット

大学院を中退して公務員試験を受けるデメリットはこちら↓

  • 倍率がかなり高い
  • 1年近く勉強する必要がある
  • スクールに通うならお金がかかる
  • 勉強をしても必ず合格する保障はない 

 

公務員になるためには、公務員試験に合格する必要があります。

 

そのために、多くの人がスクールに通って公務員試験の勉強をします。公務員試験の1年くらい前から準備する人が多いです。

 

お金と時間はかかりますね。

 

それに加えて、公務員は人気職なので倍率がかなり高くなります。

 

筆記試験で点数さえ取れればよいというわけではなく、面接もクリアする必要があります。

 

それゆえ、公務員試験を目指して1年近くも勉強した人が必ず合格できる保障はどこにもありません。

 

このことを理解して、公務員試験に挑むべきでしょう。

 

それでも公務員になりたいんだ!という人はぜひ挑戦してみてください。

 

しかし、まあ公務員だとなれたら安泰だし…くらいに思っている人はちょっと待ったです。

 

もし、公務員試験に落ちたらどうしますか?

 

もう1年勉強しますか?

 

僕も大学院を中退しており、公務員試験を受けようかと少し考えた時期もありましたが、もう少し確実性のある道があったのでそちらを選びました。

 

大学院を中退して公務員試験を受けるという道は、費やす時間とお金のわりにリスクが大きすぎると判断しました。

 

確実性のある道を紹介します。

どうせ時間とお金をかけるなら、確実に就職できて、安定して働くことができる道を3つご紹介します。

 

資格を取って就職をする

1つ目は、資格を取って就職するという方法です。

 

資格職は、年収や待遇がある程度保障されており、資格さえあれば日本全国どこでも働くことができるというメリットがあります。

 

資格を選ぶ際のポイントは、資格を取った後就職できるかどうかです。

 

需要のない資格を取ってしまうと、せっかく資格を取ったのに働き口がない…ということに陥ってしまいます。

 

そうならないためにもリサーチは必須です。

 

自分が興味を持てるかどうかも重要ですが、おすすめは医療職と介護職です。

 

まずは医療職から。

 

僕は言語聴覚士という言葉を話すことのできない人に対するリハビリの専門職を目指しています。

 

資格さえ取れば就職率は100%です↓

www.hina-awa-travel.work

 

その他にも医療職は人手が足りていない職種が多いので、20代であれば就職できる職種が多いです。

 

大学院を中退した人にも挑戦はしやすいです。

 

就職できる資格はこちらで考察しています↓

www.hina-awa-travel.work

 

資格を取るという道を選んだ場合のデメリットは、時間とお金がかかるということです。

 

専門学校で勉強する必要があるので、お金がかかります。資格によって期間は異なりますが、1年~3年勉強することになります。

 

ただ、それを乗り越えれば待遇が保障された職業にほぼ確実に就職することができるので、費用対効果は抜群です。

 

人生を変える大きな選択になると思いますが、興味のある方は挑戦する価値はあります。 

 

働きながら手に職を付ける方法はないの?

 

という方もおられるでしょう。

 

そんな方には、介護の国家資格である介護福祉士を目指すという選択肢もあります。

 

かいご畑というサイトを利用すれば、全くの未経験から介護福祉士取得までの介護のキャリアパスを完全無料でサポートしてくれます。

 

もちろん就職先も紹介してくれます。

 

介護業界も人手不足なので、求人倍率も高いです。

 

自分で取得しようと思ったら、数十万、数百万はかかる介護福祉士の資格ですが、かいご畑を利用することで無料で取得をサポートしてくれるのはほんとにすごいです。

 

介護職に興味がある人、働きながら手に職を付けて安定した雇用の元働きたいと思っている方はぜひ一度チェックです。

 

>>無料でかいご畑の話を聞いてみる

 

 

エンジニア就職をする

安定して働ける道として、エンジニア就職をするという方法も有名です。

 

エンジニアも人手不足で、求人倍率は高いです。待遇も良いことが知られています。

 

また、文理関係なく、未経験でも始めることができます。

 

エンジニア就職をする最も効率の良い方法は、就職エージェントを利用する方法です。

 

就職エージェントとは、自分の希望にあわせて就職先を紹介してくれるというサービスで、完全無料で利用できます。 

 

エンジニア就職に強く、大学院を中退していても何の問題もなく就職先を紹介してくれるウズウズカレッジウズキャリ既卒がおすすめです。

 

どちらも運営元が同じですが、サービス内容が異なります。 どちらもかなりの就職内定率とその後の定着率を誇っています。

 

ウズウズカレッジは東京にしか拠点がありませんが、プログラミングのスキルを勉強しながら就職活動をすることができるスクール型の就職エージェントです。

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

 

ウズキャリ既卒は東京と大阪に拠点があります。どこよりも時間をかけて就職サポートをしてくれると評判です。エンジニア就職にも強いのが特徴です。

 

>>無料でウズキャリ既卒の話を聞いてみる

 

 

 

エンジニア就職に興味が出てきた人は、自分の経歴でどのような求人を紹介してもらうことができるのか、一度話を聞いてみることをおすすめします。

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

>>無料でウズキャリ既卒の話を聞いてみる

 

一般就職ももちろんできます

公務員試験はリスクが大きいことは理解できたけれど、これから学校に行くのは気が引けるし、かといってエンジニアには興味が持てない…という方は一般就職する方法もありますよ。

 

ただ、大学院を中退していることから、新卒と混ざって新卒枠で就職活動をするのは非効率です。

 

大学院中退している人が効率的に就職活動を進めるのであれば、就職エージェントを利用するのが効率的で確実に就職が決まります。

 

おすすめは、先ほども紹介したウズウズカレッジウズキャリ既卒

 

エンジニア職以外にも事務職や営業職などの求人を保有しています。また、ブラックな求人は徹底的に排除されています。

 

ウズウズカレッジには、8つのコースがあって、希望職種のスキルが身に付く講義を受けながら就職活動をすることができます。8つのコースの詳細はこちら↓

www.hina-awa-travel.work

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

ウズキャリ既卒も多くの大学院中退者の内定を決めてきたという実績があります。安心して利用することができます。

 

>>無料でウズキャリ既卒の話を聞いてみる

 

 

【リスク大】大学院を中退して公務員試験を受けるメリット・デメリット|まとめ

大学院を中退して公務員試験を受ける場合は、リスクを理解して挑むべきだね!

それぞれの希望に合わせて進路を考えてみてね。

大学院を中退して公務員を目指そうと思う人が多いのも事実だけれど、全員がうまくいくわけではありません。

 

リスクをしっかりと理解した上で、進路を決めていくことをおすすめします。

 

以上、

【リスク大】大学院を中退して公務員試験を受けるメリット・デメリット

でした。

 

TOPへ戻る