フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

【体験談】大学院を中退して就職する戦略について紹介します。

f:id:minatoblog:20190919140949p:plain

大学院を中退して就職する戦略について体験談を交えながら紹介します!

こんにちは、ゆうです。

 

僕は某国立大学の理系大学院生でしたが、紆余曲折あって中退しました。

 

僕の場合は、何かやりたいことがあって辞めたとかいう話ではなくって、研究の将来性が全く見えず、院卒を活かして就職したいという気持ちもありませんでした。

 

先の見えない研究もだんだんとつらくなってきて、中退をするという決断をしました。

 

大学院中退するという選択肢をとるということについては、かなり悩みましたし、その後の進路についても正直言ってめちゃくちゃ考えました。

 

ネガティブな理由だったので、中退した後の進路にあてがあるわけではありませんでした。

 

しかし、昔からブログを書いていたりしていた経験からネット上で情報を収集し、実際にいろいろなところに足を運んで将来の進路を決めることができました。

 

今回は僕が大学院を中退してからどのように将来の進路を決めて、就職への道を進むことになったのかという体験談をご紹介します。

 

 

まず、アドバイスです→大学院を辞める前にある程度道筋を立てておいた方がよい

僕の場合は、大学院を辞める前にある程度将来の道筋を立てることができていました。

 

そちらの方が精神衛生上良いことは間違いないですし、大学院を中退する踏ん切りにもなります。

 

なので、中退を決意してからでもよいので、実際に辞めるまでの間に以下の流れで将来の進路を決めるとよいでしょう。

 

自分のやりたい仕事、将来像を考える

そんなの当たり前やんという人はさらっと読み飛ばしてもらってもおっけーです。

 

けれどこれが一番重要なことで、進路を決める上での指針になります。

 

僕の場合はかなりこだわりが強い方だと周りから言われましたが、これから先何十年も働くのに簡単に妥協はできません。

 

僕の条件です↓

・年間休日120日以上

・ある程度名前が通っているところで働きたい

・深夜残業などは絶対嫌というか無理

・給料がある程度保証されている

・一般職や総合職ではなくて、専門職に就きたい

・転勤なし

・医学や生物学の知識を活かして働きたい

 

このような条件があり、なかなか将来を決めるのになかなか苦戦しました。

 

一般企業ならこのような条件を満たすような会社はほぼないでしょう。

 

しかし、視野を広げるとこの条件に合う仕事を見つけることができました。

 

それは言語聴覚士という病院のリハビリ科における職業です。病気や事故、障害で言葉を話すことができなくなった人のリハビリをサポートするお仕事。

 

万人におすすめしているわけではなく、僕の場合は自分の条件と興味に合ったのでこの国家資格を取って就職することに決めました。

 

そもそも理学部の生物学科で分子生物学や基礎医学の勉強と研究をしており、医学に興味があり、チャンスがあるなら臨床でも働いてみたいと思っていました。

 

そんなとき、病院に行く機会があって、「病院で働いている人たくさんいるなぁ、かっこいいなぁ」という思いからリサーチを開始しました。

 

言語聴覚士のお仕事は昔から知っていたけれど、調べていくうちに自分の興味と条件にぴったり合うことがわかりました。

 

病院で働けますし、転勤もほぼなし、国家資格なので収入もある程度保証されているし、休日も普通程度にあります。

 

大卒資格を持っている人しかいけない専門学校で2年間学ぶ必要がありますが、将来の投資だとすれば十分価値のあることだなと思います。

 

もちろん時間やお金がかかるというデメリットもあるので、そのあたりはよく考える必要があります。この記事で考察しています↓

www.hina-awa-travel.work

 

自分に条件の合う企業で就職活動を始める

僕の場合は資格をとって就職するという進路を取ることに決めたので、きちんとした就職活動はしていませんが、大学院を中退してすぐに就職することを望む人も多くいるでしょう。

 

大学院を中退しても、一般就職をすることはできます。

 

既卒3年以内は、新卒と同様に採用するという企業が多いので、リクナビやマイナビといった就職サイトから通常の就職活動をするというのが普通の流れ。

 

しかし、正直その流れを踏むのはしんどくないですか?

 

新卒の子たちと同じ土俵に立って、何度も面接を受けて、そのたびに中退理由を聞かれて…

 

その作業に疲弊してしまう人もいますし、そもそも就職活動が盛んに行われている時期ではないときに中退することを決めた人は一般の就職活動に参加することさえできません。

 

もちろん大企業に行きたいという人はその流れの就職活動がメインになるでしょうが、堅実に優良企業に就職したいという人は就職エージェントを利用するのが一番効率的な手段です。

 

就職エージェントとは、自分の希望に合った就職先を斡旋してくれるサービスのこと。

 

いわば、就活の裏技的な方法です。

 

大学院を中退していると、自分の力で就職活動するとなるとかなりの労力とストレスを用します。

 

しかし、就職エージェントを利用すると就職のサポートまでしてくれるので、かなりそれらの苦悩を軽減してくれます。しかも利用は完全無料です

 

当サイトのおすすめの就職エージェントは、ウズウズカレッジウズキャリ既卒です。どちらも既卒者専門の就職エージェントであり、ウズウズという会社が提供しているサービスです。

 

ウズウズカレッジ(東京):スクール型で、自分の希望に合った職種の講義を受けながら就職活動をすることができる。就職内定率86%、就職後定着率97%。

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

 

ウズキャリ既卒(東京・大阪):どこよりも時間をかけて、進路について考えて就職をサポートしてくれる就職エージェント。内定率は83%以上、定着率は93%以上。

 

>>無料でウズキャリ既卒の話を聞いてみる

 

 

既卒者専門の就職エージェントは他にもありますが、この2つのサービスの充実度はダントツです。

 

離職率もかなり少ないことから、優良企業の求人を多数持っていることがわかります。

 

現在の自分の状況と経歴でどんな企業を紹介してもらうことができるのかを知っておくことをおすすめします。

 

利用も無料ですので、話を聞きに行く価値はあると思います。

 

地方住みなんだけれど…という人はこちらの記事で地方の就職エージェントをまとめています↓

www.hina-awa-travel.work

 

その他にも就職につながる戦略はあります

僕のように専門学校に通ってから就職をするという方法とそのまま就職をするという方法の他にも就職につながる進路があるので紹介します。

 

公務員試験を受ける

公務員という働き方や職種に興味を持っている方は、公務員試験を受けるために勉強するという方法もあります。

 

年齢制限的にも大学院中退だとまだ余裕があります。

 

1年間勉強したら必ず受かる保障はどこにもありませんが、それでも挑戦したいと思う方は覚悟を持って臨むべきでしょう。

 

僕も一時期公務員試験を受けることも考えましたが、職種に興味が持てないこととリスクを考えてやめました。

 

プログラミングのスキルを身につけて就職する

プログラミングに興味がある人は、そのスキルを身につけて就職するという方法もあります。

 

エンジニアは人手不足が深刻なので、就職はほぼ間違いなくできるでしょう。

 

理系じゃないから無理…と思う人もいるかもしれませんが、実は文系出身のエンジニアも多数います。

 

先ほど紹介したウズウズカレッジにはプログラミングを無料で学べて就職サポートまでしてくれるコースがあるので、興味のある方はぜひチェックです。

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

 

ウズウズカレッジは東京にしかないので、全国どこにいてもネット上でプログラミングスキルを学習できるサービスTechAcademy [テックアカデミー]を紹介しておきます。

 

こちらはお金はかかりますがオンラインなので、働きながらでも学ぶことができます。就職支援もしてくれます。

 

相談は無料ですので、話を聞いてみたいという人はぜひ。 

 

>>TechAcademy [テックアカデミー]に相談してみる 

 

 

介護職に就職する(国家資格である介護福祉士を取得する)

手に職をつけるなら、専門学校やプログラミングの他には介護職という選択肢があります。

 

介護職も人手不足なので、まず就職に困ることはありません。

 

介護職のキャリアパスは、介護職員初任者研修に始まり(介護士として就職するのに多くの場合で必要)、実務者研修で仕事の幅を広げ、実務経験3年を積むと国家資格である介護福祉士の資格を取るという流れです。

 

介護職でのキャリアパスでのポイントは、働きながら歩んでいけるということです。

 

専門学校に通うのは時間もお金もかかるのが困るけれど、手に職はつけたい…と考えている人にはおすすめの選択肢です。

 

介護職員初任者研修と実務者研修は、自費で受けると数万円から数十万円の費用がかかりますが、かいご畑というサイトを利用すればすべて無料で受けることができます。

 

さらに就職先まで紹介してくれます。

 

実務経験を積んだ後に取得する介護福祉士の試験対策も無料で受けることができるので、介護職のキャリアパスに興味が出てきたという方はぜひ一度相談してみることをおすすめします。 

 

>>無料でかいご畑の話を聞いてみる

 

 

【体験談】大学院を中退して就職する戦略について紹介します。|まとめ

大学院を中退した後の進路について、体験談を元にお話しました。

人によって興味のある分野や就職の条件は全然違うので、あくまでも個人的な体験談としてふむふむと思っていただければ嬉しいです。

 

大学院を中退しても、様々な方法で就職することができるので、自分の希望に合った職業へ向かって行動しましょう。

 

自分らしい未来にたどり着けることを願って。

 

以上、

【体験談】大学院を中退して就職する戦略について紹介します。

でした。

TOPへ戻る