フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

【観点別】フリーターのための進路の選び方

f:id:minatoblog:20191011212610p:image

フリーターの人は進路をどのように決めればいいのかな?

絶対的な決め方はないんだ!ただ、選ぶ観点を知っておくと頭が整理されると思うよ!

こんにちは、フリーターの歩み方アドバイザーのゆうです。

 

20代職歴なし・大卒フリーターからの就職講座」という連載記事の第4回目の記事になります。

 

今回のテーマは、フリーターのための進路の選び方。

 

進路の選び方については絶対的な正解はないのだけれど、様々な観点が存在します。

 

それを知っておくだけで、自分が何を大切にしたいかを考えることができるので、進路をより決めやすくなると思います。

 

それでは進路選びの観点について見ていきましょう。

 

 

フリーターの進路の選び方についての観点

では、さっそくフリーターの進路の選び方についての観点を見ていきましょう。

 

たくさんあるので、観点を読みながら自分が大切にしたい観点かどうかを考えながら読み進めてください。

 

給料について

まずは給料についてです。

 

働く対価として給料をもらうのですから、もちろん進路を選ぶときも給料は大事な観点になりそうです。

 

また、賞与や退職金の有無についても併せて考えておくべきですね。

 

仕事はしんどくても給料はできるだけ高い方が良いと思うのか、普通の暮らしができるくらいの給料をもらえればよいと考えているのか、自分のやりたいことや好きなことができれば収入にはこだわらないと考えるのか。

 

あなたはどれに当てはまりますか?

 

福利厚生について

給料とも似ていますが、福利厚生も進路選びの観点ですね。

 

家賃補助の有無は意外にも大きかったりします。

 

その他にも様々な補助があったりするところもあるので、リサーチしておくとよいかもしれません。

 

休日について

 休日については重要視する人は多いはず。

 

年間休日120日以上は欲しいと思うか、休みは土日祝である方がよいのか、というところを考えてみてください。

 

職種によっては土日にあまり休みが取れない場合もあるので、要チェックです。

 

残業について

残業がどれくらいあるのかも気にする人が多い観点だと思います。

 

月何時間くらい残業が発生しているのかどうかは調べておくことが必要ですね。

 

毎日夜遅くまで働くような生活でも問題ないのか、定時に帰れることが多い職場である方がよいのか考えましょう。 

 

転勤について

転勤の有無についても重要視する人はいるでしょう。

 

独り身であると転勤をしても影響は少ないかもしれませんが、付き合っている人がいたり、家族を持ったりすると転勤によって人生が左右される可能性があります。

 

それが嫌だと思うなら転勤なしの仕事を探すべきです。

 

一般的な大手企業であるならば全国に支社があったりするので、転勤は避けることができないかもしれません。

 

ただ、地域採用などをうまく利用すれば大手でもある地域で働くことは可能です。

 

また、手に職をつけて就職する(特に資格を取る場合)は、転勤の心配がない仕事に就くことは可能です。

 

医療職や介護職は病院や施設勤務なので転勤はほぼないでしょう。

 

その他にも資格があればどこでも働くことができるという職種であれば転勤を心配する必要はなくなります。

 

ワークライフバランスについて

ワークライフバランスも重要な観点です。

 

仕事の人生でもいいのか、プライベートな時間はきっちり取りたい派なのかは考えるべきポイントです。 

 

仕事以外に自分でやりたいことがある人の場合はワークライフバランスが取れたところに就職するべきでしょう。 

 

自分の興味について 

これまでの観点は待遇や働き方でしたが、そもそもその職種に自分が興味を持てるかも大切なポイントです。

 

待遇が多少悪くても自分のやりたいことを仕事にするのか、条件面だけで仕事を選んでいくのか、こちらも意見が分かれそうです。

 

フリーターが就職する選択肢とそれぞれの特徴

【選択肢多数】大卒フリーターが就職する方法という第2回目の連載記事でも紹介しましたが、フリーターが優良企業に就職する方法は大きく分けて4つ。

 

それぞれの選択肢を今回の選び方の観点から分析してみました。

 

すぐに就職をする場合の特徴

フリーターがすぐに就職したいと思ったなら、求人サイトではなく就職エージェントを利用すべきというのがこのサイトの結論です。

 

就職サポート力に優れていて、内定率や定着率がかなり高い就職エージェントであるウズウズカレッジウズキャリ既卒を利用すると想定したときのメリットがこちらです↓

 

・自分の希望や条件に合わせて就職先を紹介してもらえる

・ブラック企業を排除してくれている

・自己分析のサポートや面接対策などを手厚くしてくれる

・希望職種のスキルが身に付く講義を受けることができる(ウズウズカレッジ

・就職先の求めている人材をあらかじめ知ることができ、面接が有利になる

・完全無料で利用できる

 

このようにメリットが多数あることが、フリーターがすぐに就職するなら就職エージェントを利用するべきだという根拠です。

 

もっと詳しくメリットやデメリットを知りたいという人はこちらの記事をご覧ください↓

www.hina-awa-travel.work

 

これらのメリットがかなり多い就職エージェントを利用して就職をする場合の特徴は、企業によって様々だといえます。

 

色々な待遇や休暇体制の企業があるので、自分の条件を就職エージェントに伝えて就職先をピックアップしてもらうとよいでしょう。

 

手に職をつけてから就職する方法の特徴

手に職をつけてから就職する方法で最もポピュラーな方法がエンジニア就職です。

 

プログラミングを学べる就職エージェントを利用することが就職先も紹介してもらうことができるので一石二鳥で近道です。

 

おすすめは、ウズウズカレッジのSE/プログラマコースです。

 

拠点が東京のみになるので、地方の人は通えませんが、首都圏にお住まいの人はぜひチェックですね。

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる 

 

その他にもエンジニア就職できる方法はあるので、詳しくはこちらの記事をお読みください↓

www.hina-awa-travel.work

 

エンジニア就職の特徴は、給料面は良いことが多いです。

 

プログラミングなどのITスキルがあると給料が高くなる傾向があります。 

 

自分のスキル次第でキャリアアップすることもできるでしょう。

 

ただ、納期に追われる職種でもあるので、繁忙期に残業があることは多いでしょう。

 

休日については様々な形があるでしょう。

 

 

働きながら無料で手に職をつけて、国家資格取得を目指す場合の特徴

働きながら無料で手に職をつけて国家資格を目指すというかなりコスパのよい方法もあります。

 

こちらは介護の国家資格である介護福祉士を取得する道です。

 

介護職のキャリアパスを歩む場合は、介護職員初任者研修と実務者研修を受ける必要があり、それらは数十万もの費用がかかります。

 

それを無料で受けることできる方法が、かいご畑というサイトを利用する方法です。

 

さらに、かいご畑を利用すると就職先も紹介してもらえる上、介護福祉士の受験対策も無料で受けることができるのです。

 

働きながら国家資格を目指したいという方はこの方法を取るのが得策です。

 

>>無料でかいご畑の話を聞いてみる

 

介護職のキャリアパスについてもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください↓

www.hina-awa-travel.work

 

介護職の特徴は、給料はやや安いことが多いです。仕事的にも体力勝負になることがあります。

 

ただ、働きながら国家資格を目指せ、資格さえあれば日本全国どこへ行っても仕事をすることができるのが大きなメリットです。

 

休日は土日祝固定ではないことがほとんどでしょう。

 

 

学校に通って資格を取ってから就職する場合の特徴

専門学校に通って、資格を取ってから就職するという方法もあります。

 

就職できる資格に絞ってから学校で勉強すれば、ほぼ確実に就職できるでしょう。

 

おすすめは医療系の国家資格です。

 

僕が選んだ道はこれで、言語聴覚士という言葉の話せな人に対するリハビリの国家資格を目指しています。

 

就職率も100%なので、フリーターが一念発起して専門学校に通うなら言語聴覚士はおすすめです↓

www.hina-awa-travel.work

 

医療系の職種は、言語聴覚士に限らず人手不足のため求人倍率は桁違いです。

 

もちろん言語聴覚士以外にも就職できる医療系の国家資格はあります。

 

こちらの記事で就職できる医療系の国家資格をまとめています。(20代後半というタイトルですが、20代前半の方ならもっと可能性は広がります。)↓

www.hina-awa-travel.work

 

専門学校に通って資格を取ってから就職する場合の特徴は、資格職なのでどこでも働くことができるということと、医療系であれば給料は平均以上はもらえることはほぼ確実です。

 

転勤もないですし、資格によっては働きやすいといわれる職種もあります。

 

医療系の中でも夜勤が発生する職種があるので、そのあたりは注意しておきましょう。

 

【観点別】フリーターのための進路の選び方|まとめ

進路を選ぶ際には様々な観点があるんだね~

進路を決めるときには、自分が何を大切にしたいかを考えよう!

フリーターが進路を選ぶ際の観点と、フリーターが就職する場合の選択肢別の特徴についてまとめました。

 

自分が何を大切にしたいかということを考えながら、自分に合った進路を選んでいきましょう。

これにて第4回目の連載は終了です。

 

次の連載のテーマは、フリーターと正社員の違いです。

 

コラム記事なので、さくっと読んでみてください。

 

次の連載記事はこちら↓

【徹底比較】フリーターと正社員の違いとは?比較表あり

 

連載記事の一覧に戻る人はこちら↓

20代職歴なし・大卒フリーターからの就職講座

 

 以上、

【観点別】フリーターのための進路の選び方

でした。

 

 

TOPへ戻る