フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

フリーターが手に職をつけるメリットと実現可能な3つの方法を紹介!

f:id:minatoblog:20190926202841p:image

フリーターが手に職をつけるならどういう方法があるのか、解説します。

こんにちは、フリーターの歩み方アドバイザーのゆうです。

 

20代職歴なしの大卒フリーターからの就職講座」という連載記事の第3回目の記事になります。 

 

僕も現在フリーターをしていますが、将来どのような進路に進むのかということについてかなり悩み、あらゆる選択肢を検討しました。

 

そして、僕も手に職をつけて就職をするという道を選びました。

 

この記事では、まずフリーターが手に職をつけるメリットをご紹介。

 

その後、僕の体験談を交えながらフリーターが手に職をつけて就職をする方法について紹介します。

 

自分の希望に合わせて将来を考えてみてください。

 

 

フリーターが手に職をつけて就職するメリット

フリーターが手に職をつけてから就職するという道には実はかなりのメリットがあります。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

きちんと選べばほぼ確実に就職できる

手に職をつける職種を間違えなければ、ほぼ確実に就職することができます。

 

「間違えなければ」というのは手に職をつける前にその資格や技術を取得すれば就職できるかどうかをリサーチして、就職できる見込みがあればということですね。

 

僕が様々な選択肢を検討した結果、技術を習得すればほぼ確実に就職できるおすすめの職種は、医療系、エンジニア、介護職の3つです。(後述しています)

 

自分の興味のある分野で、就職できる資格や技術があるかリサーチしておくとよいでしょう。

 

安定して働くことができる

手に職があれば、安定して働くことができます。

 

一般職や総合職と違って、その技術があれば食べていくことができるということになるので、ある意味での安定感を得ることができます。

 

将来的に転職しやすい

手に職をつけて就職すれば、専門職なので一般的な職種よりも転職はしやすいです。

 

給料も自分の技術や経験年数に決まっていることが多いので、安定した転職ができるでしょう。

 

日本全国どこでも働ける +転勤なし

手に職があれば、その技術を持って日本全国どこでも好きな場所で働くことができます。

 

また、医療職や介護職だと病院や介護施設勤務になるので、転勤もありません。

 

転勤があると人生プランががらっと変わってしまうこともあるでしょうから、これも大きなメリットです。

 

年収や待遇がある程度保障されている

手に職があれば、年収や待遇がある程度保障されることになります。

 

国家資格などを取得していれば、なお安心です。

 

このように多くのメリットがあるということを理解した上で、フリーターから手に職をつけるのに実現可能な3つの方法を紹介していきます。 

 

パターン1:専門学校に通って資格を取って就職をする

パターンの1つ目は、専門学校に通って資格を取って就職するという方法です。

 

手に職をつけるために、資格を取るというのはわかりやすく、就職にも直結する場合も多いです。

 

フリーターが資格を取って就職を目指すなら医療職が圧倒的におすすめです。

 

全体的に人手不足なので、資格があれば就職に困らないことが多いです。

 

僕は資格さえ取れば就職率が100%だと言われている、言語聴覚士という国家資格を目指しています。言葉が出せない人のリハビリの専門職です。

 

言語聴覚士は20代後半でも30代でも就職できるので、職歴のないフリーターにもおすすめです↓

www.hina-awa-travel.work

 

その他にも就職につながるような資格はいくつかあります。

 

こちらの記事で考察しているので、興味のある方は読んでみてください。(20代後半というタイトルですが、20代前半ならもっと就職の可能性は広がります。)↓

www.hina-awa-travel.work

 

資格を取って就職するという方法は、かなり確実性がある方法なのですが、デメリットもあります。

 

それが、時間とお金がかかるということです。

 

医療系の資格を取るなら職種にもよりますが、2年はかかると思っておいた方がよいです。

 

また、専門学校に通う必要があるので200万以上のお金が必要になります。

 

それでも、自分の興味のある仕事がある仕事に確実につけて、年収もある程度保障された職に就けるのでコスパはかなり良いとは思います。

 

けれど、そんなお金ないし、すぐにでも手に職をつけて働きたいんだと思っている方もいるでしょう。

 

そんな方には次の選択肢が圧倒的にすすめです。

 

パターン2:プログラミングを勉強する

2つ目のパターンはプログラミングを勉強して、エンジニアやプログラマーとして就職するという方法です。

 

なぜプログラミング?と思う人も多いでしょう。

 

プログラミングを仕事で利用する、エンジニアやプログラマーは現在かなりの人手不足。

 

求人倍率も高いので、就職もしやすいです。 

 

実は、文系理系関係なく、未経験でも挑戦できる職種です。

 

待遇も良く、スキルを身に付ければ転職や将来的に独立も可能です。

 

プログラミングを勉強して、エンジニアやプログラマーとして就職するなら就職サポート付きのプログラミングスクールに通うのが最も効率が良いです。

 

実績と評判で選ぶ就職サポート付きのプログラミングスクール

実績と評判があるプログラミングスクールを3つご紹介します。

 

この3つから選んでおけば間違いはないです。

 

ウズウズカレッジ(無料・東京)

最初に紹介するのが、ウズウズカレッジです。

 

就職エージェントを運営しているウズウズが提供するサービスですので、就職サポート力は抜群です。

 

ブラックな求人を徹底排除しており、定着率がかなり高いのも特徴です。

 

ウズウズカレッジには8つのコースがありますが、エンジニアを目指すなら、SE/プログラマーコースとインフラエンジニアコースです。

 

どちらも全くの未経験からプログラミングを学習することができます。

 

就職サポートをしっかりしてくれるプログラミングスクールが良いと思っている方には最もおすすめできるスクールです。

 

完全無料で利用できます。

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

 

GEEK JOB(無料・東京)

次にご紹介するのが、GEEK JOB

 

こちらはものすごく就職実績が良くて、95%以上の数字を残しています。

 

東京に来て就職サポートを受けることができるならば、オンラインでもプログラミング学習をすることが可能です。

 

こちらも完全無料です。

 

GEEK JOBは、大手企業の求人も保有しています。サイバーエージェントやDMM.comに内定が決まる人も。

 

何が何でも就職したい、大手に就職を決めたいという人におすすめのプログラミングスクールです。

 

>>無料でGEEK JOBの話を聞いてみる

 

 

TechAcademy(有料・全国)

東京ばっかりやん!地方住みなんだけど!

 

という方におすすめのプログラミングスクールは、TechAcademy [テックアカデミー]です。

 

オンラインで授業を受けることができるので、場所を選びません。また、時間の融通も利くので、働きながらでも大丈夫です。

 

さらに、学習進度に合わせて就職サポートを受けることができます。

 

言語も自由に選ぶことができるので、やりたい言語が決まっている人にもおすすめです。

 

地方住みだけどプログラミングを学習したい!という人はTechAcademy [テックアカデミー]ですね。評判もかなり良いです。

 

相談は無料なので、一度話を聞いてみてはいかがでしょう。

 

>>無料でTechAcademy [テックアカデミー]に相談してみる

 

 

プログラミングスクールに通わず、直接エンジニアとして就職する方法もあります

エンジニアとして就職するためには、プログラミングスキルがないといけないという先入観を持っている人もいると思いますが、直接エンジニア求人に応募するという方法もあります。

 

入ってから育ててくれる企業もたくさんあるということですね。

 

ただ、自分でそんな求人を探すのはほぼ不可能なので、就職エージェントを利用しましょう。

 

IT系に強い就職エージェントであるウズキャリ既卒が最もおすすめです。

 

もちろん完全無料で利用できます。

 

ウズキャリ既卒はフリーターや既卒専門の就職エージェントなので、全くの未経験でもエンジニアになれる求人を多数持っています。

 

どこよりも長い時間をかけて就職サポートをしてくれると評判で、面接対策も万全です。

 

拠点は東京と大阪にあります。

 

>>無料でウズキャリ既卒に相談してみる

 

 

パターン3:介護職のキャリアを積んで国家資格である介護福祉士を取得する

3パターン目は介護職です。

 

介護職は、介護職員初任者研修を受けて介護職に就職し(逆の場合もあります)、実務者研修を受けて仕事の幅を広げ、実務経験3年を積むと国家資格である介護福祉士の受験資格を得られます。

 

この選択肢のポイントは、働きながら国家資格取得を目指せるところにあります。

 

専門学校に通うパターンでは1年から3年学校に通わなければならないので、その間正社員として働くことはできません。

 

しかし、介護福祉士の場合は実務経験でも資格を取得できるので、働きながら手に職をつけることが可能なのです。

 

介護職のキャリアパスを歩むうえで、介護職員初任者研修と実務者研修を受けていく必要がありますが、自費だと両方で10万以上かかる研修になります。

 

高すぎなんだけど…

と思った方も安心してください。

 

かいご畑というサービスを利用すれば、これらの研修はすべて無料で、就職先まで紹介してくれます。さらに介護福祉士の受験対策も無料で受けられます。

 

介護職に興味が出てきた人、働きながら国家資格取得を目指したいと思った人はぜひ一度話を聞いてみることをおすすめします。

 

>>無料でかいご畑の話を聞いてみる

 

 

フリーターが手に職をつけるなら?実現可能な3つの方法を紹介する!|まとめ

フリーターでも手に職を就ければ安定できます。

現在フリーターでも手に職をつけることができれば、将来はかなり安定します。

 

専門学校に通うもよしですし、プログラミングスクールや就職エージェントを利用して、効率的に就職を決めるのもよしです。

 

・充実した就職サポートが受けられるプログラミングスクール→ウズウズカレッジ(東京)

 

・就職率95%。大手を目指したい人も→GEEK JOB(東京)

 

・オンライン講義なので働きながらでも学べる→TechAcademy [テックアカデミー](全国)

 

・エンジニア求人にすぐに挑戦するなら→ウズキャリ既卒(東京・大阪)

 

また、働きながら国家資格を目指したい人はかいご畑で話を聞いてみてください。 

 

これにて第3回目の連載は終了です。

 

第4回目の連載のテーマは、フリーターのための進路の決め方です。

 

第4回の連載記事はこちら↓

【観点別】フリーターのための進路の選び方

 

連載記事の一覧に戻る人はこちら↓

20代職歴なし・大卒フリーターからの就職講座

 

以上、

フリーターが手に職をつけるなら?実現可能な3つの方法を紹介する!

でした。

 

TOPへ戻る