フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

一生フリーターで生きることはできます+αで余裕を

f:id:minatoblog:20190927223450j:image

こんにちは、フリーターの歩み方アドバイザーのゆうです。

 

フリーターをしているけれど、一生これで生きていくことはできるのか?と思ってこの記事にたどりついた人が多いはず。

 

結論から言うと、フリーターで一生生きることは可能です。

 

ただ、まあまあ厳しい道を歩む可能性はあります。

 

そのリスクを取ってフリーターを続けるのか、+αの行動から収入を得るのか、はたまた就職するのか、この記事を読みながら考えてみてください。

 

 

一生フリーターで生活していくことは可能な理由

一生フリーターで生活していくとするならばどのようなかんじになるのか、シュミレーションしていきたいと思います。

 

東京で一人暮らしをするフリーターの場合

東京で一人暮らしをしている場合で、東京の平均時給(タウンワークより)1150円で働いているとします。

 

勤務時間は週5で9:00から18:00(うち休憩1時間)とすると、1日あたり9200円。

 

1月で22日勤務すると考えると、202400円ですね。

 

ここから税金が引かれますので、手取りは16万円くらいになります。

 

さて、この給料で東京で一人暮らしをする場合ミニマムに暮らすとしてもこのくらいの生活費がかかります↓

 

・家賃:6万円(安めのところを探します。)

・食費:3万円(自炊メインで)

・光熱費:1万円

・通信費:1690円(格安SIMのLINEモバイル を利用)

・Wi-Fi:3480円(どんなときもWi-Fi)

・交際費:2万円

・雑費:2万円

 

食費や交際費をもっと減らすことができるという人は各自計算を手直ししてみてくださいね。

 

通信費を抑えるためには、 格安SIM一択です。

 

LINEモバイルはSNSカウントフリーで3GBで月額1690円。

 

かなり安いので、まだキャリアのスマホを利用しているという人はこれを機会に格安SIMに変更することをおすすめです。

 

 

Wi-Fiは固定回線を引くより、ポケットWi-Fiがおすすめですね。 どんなときもWi-Fiは通信制限なしで快適です。

 

工夫もしつつですが、出費は合計で月に14万5000円くらいになります。

 

1万5000円ずつくらいは貯金に回せるかなといったかんじです。

 

このように生活していくことは可能ですが、ぎりぎりです。貯金もなかなか貯まりません。

 

フリーターの場合は昇給もほぼなしだし、賞与や退職金もありません。

 

フリーターだけをしながら、老後の資金を資金を貯めることはほぼ不可能ですので、死ぬまで働かなければいけない可能性があります。

 

価値観は人それぞれですが、このような状況は僕はかなりつらいなと思います。

 

ただ、実家暮らしだと状況はがらっと変わります。

 

実家暮らしのフリーターの場合 

・家賃:0万円

・食費:0万円

・光熱費:0万円

・通信費:1690円(格安SIMのLINEモバイル を利用)

・Wi-Fi:0円(どんなときもWi-Fi)

・交際費:2万円

・雑費:2万円

 

実家暮らしなら家賃や食費、光熱費がかからないので、月5万以内くらいで生活できるでしょう。

 

家に3万円くらいいれるひとでも、一人暮らしと比べるとかなり貯金ができることがわかります。

 

月に8万円くらい貯金できると考えると、1年で96万円、10年で約1000万円、それを40年続けると4000万円ですよね。

 

実家暮らしのフリーターなら、一生続けることもできそうです。

 

ただ、結婚して子どもを育てて…となるときっとお金に困る

このシュミレーションは、ずっとミニマムに暮らしていくならばということを前提としています。

 

結婚して子育てして…となるとお金に困ることはでてきそうですよね。

 

ダブルインカムでどちらかが正社員であればやっていくことも可能だとは思いますが、生活にゆとりを持たせるためにも収入は多くて困ることはないでしょう。

 

一人暮らしのフリーターならば収入を増やすことはほぼ必須条件ですよね。 

 

そこで+αの収入源を作っていくことを提案します。

 

フリーターを続けるなら+αの収入源を作っていくべき

フリーターを続けていくならば、収入面で不安が大きいので、アルバイトに加えて収入源を増やすことをおすすめします。

 

副業をしていくということです。

 

副業にもいろいろと種類がありますが、ここではストック型のビジネスに取り組むことを提案したいと思います。

 

ストック型のビジネスとは時間給をもらって働く仕事ではなくて、取組んだ仕事が成果として残っていき、それらが長い間お金を生み出してくれるようなビジネスです。

 

ストック型のビジネスでおすすめなのが、ブログやYouTube。

 

YouTubeは顔出しをする場合が多く抵抗のある人もいるはずなので、ここではブログ副業について解説していきます。

 

ブログ副業は、ブログを解説して記事を書いていく副業。

 

GoogleやYahoo!の検索(最近ではSNSも主流になりつつあります)からやってくる土k者に回答を提示するお仕事です。

 

検索結果の上位に記事が表示されて、アクセスが集まれば広告収入を得ることができるのです。

 

この広告収入で何十万、何百万ものお金を稼いで生活している人もいるほど大きな市場になっています。

 

ブログの広告収入の仕組みはこちらの記事で詳しく解説しているので、興味が出た人は見てみてください↓

www.hina-awa-travel.work

 

普通に就職もできますよ

フリーター×副業ブログのデメリットとして、副業ブログで稼ぎ始めるまで時間がけっこうかかるので稼げるようになるまでに挫折してしまう人が多いということが挙げられます。

 

また、雇われて働く仕事ではないので、あらゆることを自分で調べて行動しなければならないところは大変かなと思います。

 

ただ、ブログ副業を始めるのに資金はほぼかからないので、やってみる価値はあると思います。

 

「うーん、ブログ副業はあんまり興味ないなぁ」という人は別の副業を探してみてもよいですし、普通に就職するという道もあります。

 

20代なら職歴なしのフリーターでも何の問題もなく就職することができます。

 

自分で求人を探して就職活動を行う方法はあまりに非効率でブラックな求人に当たってしまうこともあるので、評判の良い就職エージェントを利用すべきです。

 

フリーターや既卒専門の就職エージェントというものがあって、フリーターならそれを利用するのがおすすめです。

 

中でも実績と評判が良いのが、ウズウズカレッジウズキャリ既卒です。

 

ウズウズカレッジは東京のみの拠点ですが、希望の職種の専門スキルが身に付く講義を受けながら就職活動をすることができるユニークな就職エージェント。事務職コース、SE/エンジニアコース、営業職コースなど8つのコースがあります↓

 

www.hina-awa-travel.work

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

 

ウズキャリ既卒は、東京と大阪に拠点があり、どこよりも時間をかけて面接対策等の就職サポートをしてくれると評判の就職エージェントです。

 

>>ウズキャリ既卒の話を聞いてみる

 

 

一生フリーターで生きることはできます+αで余裕を|まとめ

一生フリーターとして生きるなら、+αの収入源を作ることがおすすめ!

この記事でシュミレーションしたように、一生フリーターとして生きることはできなくはないですが、一人暮らしだとまあまあ厳しいのが実状です。

 

実家暮らしでもライフステージが変わったときに苦しくなるときがくる可能性は高いです。

 

なので、いまのうちから副業を育てていくというのがおすすめです。

 

一朝一夕に結果は出ないですが、こつこつ日々の積み重ねで将来が大きく変わっていく可能性を秘めています。

 

副業というよりも、もうちょっと安定した道を歩みたいと思っている人は就職するという手もあるので、この機会に考えてみるとよいでしょう。

 

以上、

一生フリーターで生きることはできます+αで余裕を

でした!

 

TOPへ戻る