フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

フリーターだとたまに死にたいと思うけど、人生諦めるのは早い件。

f:id:minatoblog:20190919171933p:image

フリーターをしていると自己嫌悪に陥って、正直死にたくなるくらいつらかったです。

こんにちは、フリーターの歩み方アドバイザーのゆうです。

 

僕は来年の春まで期間限定でフリーターをしています。

 

期間限定とはいえ、フリーターをしていると、

 

「なんでおれこんなことしてるんだろ…」

 

「周りはみんな正社員として働いているのに…」

 

「どこで道を間違えた?」

 

「消えたい…」

 

という言葉たちが頭をよぎり、時々死にたくなるくらいつらかったです。

 

僕の場合は、将来の方向性は決まり気持ちが安定ので少しは楽になりました。

 

将来の進路を決められずに、正社員になることを考えながらもフリーターをしている人はもっと思い詰めることがあるかもしれません。

 

この記事は、フリーターをやっていて死にたいと思うくらいつらい思いをしている人に向けた、そんな気持ちを抜け出した僕からの助言です。

 

 

フリーターをしていて、死にたくなる理由はいろいろあるよね

フリーターをしていて死にたくなる理由はたくさんありますよね。

 

・周りは正社員として立派に働いている人たちばかり、自分の親だって…と考えてしまったり。

 

・自分はある程度納得できているけれど、周りの目がつらい…であったり。

 

・給料が安すぎるということであったり。

 

・肉体労働で体がしんどいということであったり。

 

どれか1つならまだ我慢できるものの、複数個組み合わされるととんでもなくしんどい気持ちになって、そこから抜け出したいという思いから、死にたいと思うようになってしまうのではないでしょうか。

 

実際僕もそうでしたしね。

 

死にたい気持ちになる原因はすべてフリーターをしているから

これらの理由は、フリーターをしているから湧き上がってくる感情です。

 

もしフリーターから脱出できて正社員としてどこかで勤めることが決まったり、フリーターを脱出できる道筋を見出すことができたのであれば気持ちは軽くなるはずです。

 

もちろんフリーターをしている人全員に正社員就職を勧めるわけではありません。

 

夢があって自分の時間を取りたいと思っている人、病気で長時間働くことができない人は無理に就職するのはしんどいでしょう。

 

しかし、就職したいけれどだらだらとフリーターをしてしまって死にたくなっているという人や既卒になってしまって就職活動をする方法がわからないという人には、ぜひこのまま読み進めてほしいです。

 

フリーターや既卒から就職をする方法

フリーターや既卒から就職する方法は、いくつかあります。

 

1つずつみていきましょう。

 

就職エージェントを使って就職活動をする

1つ目は就職エージェントを使って就職活動をするということです。

 

就職エージェントとは、自分の希望に合わせて就職先を斡旋してくれるサービスです。

 

面接対策や就職カウンセリングもしてくれて、すべて無料で利用できます。

 

なぜ普通に求人サイトから応募するのではなくて就職エージェントを利用するのかといと就職エージェントを利用する方が圧倒的に効率が良いからです。

 

就職エージェントを通すことで、内定の可能性の高い企業に絞って面接を受けに行くことができたり、就職に関するアドバイスを受けることもできます。

 

さらにフリーターや既卒だと通常の求人サイトだと相手にされないことも多々あります。

 

就職エージェントの中でも、フリーターや既卒専門に就職先を紹介してくれるエージェントがあるので、そこを利用することをおすすめします。

 

ウズウズカレッジウズキャリ既卒という就職エージェントがサポート体制が頭1つ飛び出していて、おすすめです。どちらもウズウズという会社がサービスを提供しています。

 

ウズウズカレッジ(東京):スクール型の就職エージェントです。自分の希望の職種に合わせて講義を受けられて、スキルを身に着けながら就職活動することができます。

 

 

ウズキャリ既卒(東京・大阪):充実した就職サポートが自慢の就職エージェント。どこよりも時間をかけて希望を聞いたり、面接対策をしてくれたりします。

 

 

資格を取って就職をする

時間とお金はかかりますが、資格を取って就職するというのも1つの手です。

 

資格職は待遇がある程度保障されていたり、手に職がついたりと、いろいろメリットがあります。

 

自分のやりたいことがある場合は資格を取って就職するというルートもおすすめです。

 

僕もこのルートを取る予定で、医療系の国家資格を取得するために2年間専門学校で勉強します。

 

自分の興味にもよりますが、資格をとって就職するなら就職率の高い医療系の専門学校がおすすめです。詳しくはこちらの記事で紹介しています↓

www.hina-awa-travel.work

 

フリーターや既卒から専門学校に通うのってありなの?デメリットないの?と思う方はこちらの記事を読んでみてください↓

www.hina-awa-travel.work

 

プログラミングのスキルを身に付けてエンジニアとして就職する

就職エージェントを利用する方法と専門学校に通うという方法の間のような方法ですが、プログラミングといスキルを身に付けて就職するという方法もあります。

 

エンジニアは人手不足が深刻なので、就職はほぼ間違いなくできます。

 

文系だから無理かも…と思っているそこのあなた! 

 

エンジニアは文系理系関係なく活躍できる職種であり、未経験からでもスクールに通うことで就職に必要なスキルを身に付けることができます。

 

別に超高額のプログラミングスクールに通う必要は全くなく、無料のプログラミングスクールで学ぶことで十分就職できるスキルが身に付きます。

 

おすすめは、ウズウズカレッジのエンジニアコース。プログラミングのスキルを学ぶことができて、就職サポートまでしてくれます。

 

興味が湧いてきた人はぜひ話だけでも聞いてみてください。

 

>>無料でウズウズカレッジの話を聞いてみる

 

 

ウズウズカレッジは拠点が東京のみなので通えない…という方は少しお金はかかりますが、日本全国どこにいてもパソコンで受講できるプログラミングスクールのTechAcademy [テックアカデミー] が就職支援もしてくれるのでおすすめです。

 

 

フリーターだとたまに死にたいと思うけど、人生諦めるのは早い件。|まとめ

今はつらくても、進路が決まれば心は晴れるよ!

日本ではフリーターは世間的にも、金銭的にもつらい立場に置かれています。

 

一度フリーターになってしまって、そこからどうやって抜け出せばよいのかわからなくてつらいと思っている人もたくさんいることでしょう。

 

この記事で紹介したような進路はどれも実現可能なものばかりなので、ぜひ進路を考える上で参考にしてみてください。

 

以上、

フリーターだとたまに死にたいと思うけど、人生諦めるのは早い件。

でした。

TOPへ戻る