フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

20代後半から専門学校に通って就職・転職するメリット・デメリット

f:id:minatoblog:20190918234331j:image

20代後半から専門学校に通うメリット・デメリットを紹介するよ!

こんにちは、ゆうです。

 

僕は現在25歳。紆余曲折あって大学院を中退し、来年の春からもう一度学生に戻ります。医療系の専門学校に通う予定です。

 

僕自身、20代後半から専門学校に通うことについて色々と悩みましたし、リサーチをしたり話を聞いたりもしました。

 

そのことを元に、この記事では

 

20代後半から専門学校に通うのはありなのか?

 

そうしたときのメリット・デメリットはなになのか?

 

を解説していきます。

 

 

20代後半から専門学校に通うのはありなのか?

まずは、20代後半から専門学校に通うのはありなのかということについて考えたいと思います。

 

僕個人的な意見としては、自分の目的が達成されるなら全く問題なしです。

 

20代後半から専門学校に通おうと考えている方には色々な人がいるはずですよね。

 

僕のように大学院を中退して就職をするために資格を取りたい人、フリーターから抜け出したい人、一度就職したけれど資格を取って転職したいと思っている人…

 

それぞれの人の目標があるはずで、それが達成できるなら専門学校に行く価値が十分にあるはずです。

 

ほとんどの人の場合、専門学校で学んだことをもとにそれを活かして就職をしたいと思っていることでしょう。

 

なので、この場合は就職ができるかどうかがポイントになります。

 

さて、20代後半から専門学校に通って、卒業後就職することはできるのでしょうか?

 

それは、専門学校の職種にもよって、問題なく就職できるところ(僕が取得予定の資格では就職率は100%)もある一方で、年齢的に少し厳しいと言われるような資格もあります。

 

なのでこのあたりはよくよくリサーチが必要です。

 

自分の興味が決まっている人はその職種で就職できるかをリサーチしてみてください。

 

まだ何の専門学校に行くか考え中の方には、医療職がおすすめです。20代後半からでも就職しやすく、待遇も良いところが多いです。

 

こちらの記事で詳しく解説していますので、読んでみてください↓

www.hina-awa-travel.work

 

20代後半から専門学校に通うメリット

自分の興味のある分野に挑戦でき、就職・転職できる

まず1番大きなメリットは、自分の興味のある分野に挑戦できるということ。そして、就職や転職につながるということです。

 

多くの専門学校では、そこに通わないと習得できないような専門的なことを学ぶことになります。

 

なので、専門学校に通わなければたどり着けない未来に進むことができます。

 

自分の本当に興味のあることであれば、時間やお金がかかってもやってみる価値は十分あるはずです。

 

人生長いですし、2年や3年遅れても全然問題なしです。

 

資格を取得できる

資格を取得できるような専門学校に通う人は、それがメリットになります。

 

資格職はかなりのメリットがあります。

・資格を持っているだけである一定の待遇が保障される

・同じ職種であったら転職もしやすい

・ブランクがあっても仕事に復帰しやすい

 など。

 

資格職は強いです。

 

新しい仲間ができる

専門学校に行くということは、学生をするということですから同じような将来を目指して勉強をする仲間に出会うことができます。

 

資格にもよりますが、年齢層が高い専門学校もあります。

 

僕が入学予定の専門学校は、20代後半も30代も多く在籍しているので、ういてしまうという心配はありません。

 

20代後半から専門学校に通うデメリット

お金がかかる

デメリットの1つ目は、お金がかかるということ。

 

学校ですので当然ですね。

 

お金を貯めてから専門に行くという考えもありますが、おそらくそれではキャリアチェンジがかなり遅くなってしまうこともあります。

 

キャリアチェンジが遅くなってしまえばその分、出世が遅れますし、就職にも若いに越したことはありません。

 

ご両親の理解がある家庭であれば、学費やその間の生活費を援助してもらうことができるかもしれません。

 

専門学校卒業後に働いてから返すという約束で借りるという方法です。

 

奨学金を借りる方法もありますが、利子のことも考えると親から借りる方がよいでしょう。

 

どうしても自分で工面しないといけない場合は、奨学金やその他のローンを利用しましょう。

 

学生に戻るのであれば固定費を下げるのは絶対です。

 

専門学校が実家近くにもあるという人は、一度実家に戻って家賃や生活費を下げると心の負担が軽くなります。

 

時間がかかる

専門学校に行くということはその間、時間を使うことになります。

 

1年から3年の間バイト程度しかできませんし、自分のキャリアのためとはいえ長く感じてしまう人もいるかもしれません。

 

でもそこは割り切るしかないですね。

 

勉強をしなければならない

学生に戻るので、もちろん勉強をしなければなりません。

 

資格のためにけっこうハードに勉強することになる場合もあるでしょう。

 

実習もあったりと、思っているより忙しいかもそれません。

 

周りの目が気になる

日本では大学や大学院を卒業したら、すぐに就職してそのままずっと社会人を続けるというルートが一般的です。

 

なので、社会人から学生に戻る場合は周りの目が気になるかもしれません。

 

けれど、そんなことは全く気にする必要はありません。

 

自分の将来のために向かって進むだけです。

 

デメリットを聞いて、専門に行くのもたいへんかも…と思った人へ

20代後半から専門学校に通う場合のメリットとデメリットを見てきましたが、なんだか不安だと思う方もいるかもしれません。

 

よっぽど強い意志と希望を持っている方は悩まず決められるかもしれませんが、キャリアチェンジしたいという人や既卒だけど就職したいという人にとっては悩みどころですよね。

 

既卒での就職や第二新卒として転職を目的にするならば、就職エージェントに相談してみるという方法もあります。

 

就職エージェントとは、就職先を斡旋してくれるサービスです。

 

サービスが充実していて圧倒的におすすめの就職エージェントは、ウズウズカレッジウズキャリ既卒です。

 

どちらもウズウズという会社が提供するサービスです。既卒や早期離職した人専門の就職エージェントです。

 

ウズウズカレッジ(東京):スクール型で職種別の授業を受けながら、就職を目指す。圧倒的におすすめ。

 

ウズキャリ既卒(東京・大阪):どこよりも時間をかけて自分の希望を聞いてくれる就職エージェント。

 

どちらでも面接対策や就職カウンセリングも受けられて、完全無料で利用できます。

 

専門に進んでから悩まないように、いまの自分の経歴でどんな就職先を紹介してもらえるのかを一度聞いてみるがおすすめです。

 

就職率もかなり高いので、これらの就職エージェントを利用して真面目に就職活動に取り組めばほぼ間違いなく就職できます。

 

既卒や早期離職からの就職を目的としているならば、専門に通うよりも近道なのが就職エージェントを利用する方法です。

 

ぜひ検討してみてください。

 

>>無料でウズウズカレッジに相談してみる

 

 

>>無料でウズキャリ既卒に相談してみる

 

 

20代後半から専門学校に通って就職・転職するメリット・デメリット|まとめ

20代後半からでも専門学校に通う人はたくさんいるよ!

 

20代後半から専門学校に通うという選択をする人は意外とたくさんいます。

 

けれど時間とお金がかかることなので、メリット・デメリットをしっかり理解して、後悔しないような道に進みましょう。

 

既卒からの就職や第二新卒からの就職を目指している人は、就職エージェントの併用がおすすめです。

 

どんな企業を紹介してくれるのか一度相談してみましょう。

 

>>無料でウズウズカレッジに相談してみる

 

>>無料でウズキャリ既卒に相談してみる

 

※プログラミングスキルを身に着けて就職したいと思っている方は、ウズウズカレッジのプログラミング講座を受講することがおすすめです。無料で就職サポートまでしてくれます。

 

以上、

20代後半から専門学校に通って就職・転職するメリット・デメリット

でした。

TOPへ戻る