フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

【専門学校に聞いた】言語聴覚士は20代後半や30代でも就職できる。

f:id:minatoblog:20190919222643p:image

言語聴覚士は不足なので30代でも資格を取れば就職できます。

こんにちは、ゆうです。

 

大学院を中退して、言語聴覚士の専門学校に進学予定の25歳です。入試にも合格し、あとは来年の春を待つだけです。

 

言語聴覚士になりたいと思ったときに最初に気になるのが、自分の年齢でも資格を取った後就職できるのだろうか…ということ。

 

ネットで調べていてもなかなか一次情報がなくて、不安にもなりますよね。僕もその1人でした。

 

僕は言語聴覚士になりたいと思ってから、言語聴覚士の専門学校のオープンキャンパスにも参加しましたし、入試も受け合格しています。

 

その中で実際に専門学校のデータや先生と話す中で、就職できるのか否かについて結論が出たので、共有したいと思います。

 

 

結論は20代後半や30代でも言語聴覚士として就職できる

結論から言うと、20代後半や30代でも言語聴覚士として就職できます。

 

これは僕が通う予定の専門学校が公表していたデータなのですが、専門学校への入学者は20代後半の人も30代の人も何人もいて、それでいて専門学校の卒業者の就職率は開校以来20年以上100%です。

 

実際に求人倍率は30倍を超えています。 

 

実際に、専門学校の先生にも話を伺うと、就職の心配はいらないとのことでした。

 

人手不足が深刻なので、言語聴覚士の国家試験に合格すれば就職することはできます。

 

就職の心配より、国家資格の心配をした方がよいかもしれません。

 

国家試験はやや難しいと言われている

言語聴覚士の国家試験はやや難しいと言われていて、全国の合格率は70%くらいです。

 

ただ、専門学校できちんと勉強をしていれば合格できる試験でもあるので、入学してからは予習復習に勤しむことが必要でしょう。

 

実習と国家試験の勉強で忙しい

2年生の言語聴覚士の専門学校に通うと、2年目に実習があります。

 

そのあとからすぐに国家試験の勉強をしなければならないので、忙しい部分もあるという話を聞きました。

 

【専門学校に聞いた】言語聴覚士は20代後半や30代でも就職できる。 |まとめ

20代後半や30代なら言語聴覚士に就職の心配はいりません。

20代後半や30代から言語聴覚士を目指すという方には、いろいろあった方が多いと思います。

 

僕のように大学院を中退した方、早期離職してしまった方、キャリアチェンジしたいと思っている方…

 

そのような人たちにも言語聴覚士の門戸は開かれています。

 

大卒の場合は専門学校で2年間勉強することが必要ですが、長い人生少しくらい遠回りしてもよいのではないかと思います。

 

20代後半や30代から人生をがらっと変えてやりましょう。

 

一緒に頑張りましょう。

 

以上、

【専門学校に聞いた】言語聴覚士は20代後半や30代でも就職できる。

でした。

 

他の医療系の資格もこの記事で就職できるかどうかを考察しています。

www.hina-awa-travel.work

TOPへ戻る