フリーター就職をする。

旅行に役立つ情報サイト

ミニマリストだけど、美容院には月1で行くし髪も染めます。

f:id:minatoblog:20190908232410p:image

ミニマリストだけど、ちゃんと美容院行く派です。

こんにちは、実家暮らしミニマリストのゆうです。

 

初のミニマリストコラムを書きます。

 

今回のテーマは「ミニマリストと美容院」です。

 

ミニマリストとは、必要十分の物で生活する人たちのこと。

 

必要十分なシンプルライフを送ることで、本当に大切なことに気付きやすくなったり、自分にとって大事なことにお金をかけられるようになっていきます。

 

そんなシンプルなライフスタイルを送る僕ですが、美容室には月1回行っています。

 

 

ミニマリストだけれど、美容室には月1で行くし、髪も染めます

ミニマリストだけれど、月1回美容室に行って、髪も染めています。

 

「おいおい、ミニマムに生きるなら美容室代金も削って髪も地毛にすべき」

 

というミニマリストの方もいるかもしれませんが、僕は自身はそうはなりたくありません。

 

僕はミニマリストであり、節約ライフを送っているわけではありません。

 

必要十分な生活を極めることで、結果的に節約になることは多々ありますが、それが目的になってしまってはなんだか本末転倒な気がしませんか。

 

僕にとって美容室は大切なことの1つ

人によって価値観はそれぞれで髪のメンテナンスなんて断捨離してしまえという人もいるかもですが、僕にとっては髪の状態は日々のモチベーションにつながるので大事なことの1つ。

 

自分にとっていい感じの髪型で好きな髪色で過ごしたいので、美容院にも月1回通います。

 

奈良駅の近くに住んでいますが、大阪のお気に入りの美容院まで通っています。

 

近くで良い美容院を探した方がお金のかからない生活に近づくのですが、今行ってる美容院とっても良い感じなのです。

 

生活をミニマムにして、本当に大切なことにお金をかけるというのがミニマリズム。

 

僕にとって、月1回の美容室は大切なことの1つなのです。

 

なんでもかんでも安上がりにすれば良いとは限らない

例えば、家の近くの美容院で安くでやってくれるところがあるとします。

 

けれど、そこへ行ってみるとあんまりしっくりこない。

 

だけど、安いからとそこへ通う。

 

日々鏡を見るときにもあんまりいい感じがしない。

 

ミニマムに生きようとして、こんなことに陥っている人はいませんか?

 

節約生活が目的の人は仕方ないと割り切れるかもしれませんが、ミニマリスト的に生きることが違うのではと思います。

 

髪型や髪色を自分の思うようにしておくことで、日々の気持ちのあり方が変わるのであればそれは良い投資なのではないでしょうか。

 

節約生活とミニマリスト生活は違う

節約生活とミニマリスト生活は違います。

 

ミニマリスト的に生きることで、結果的に節約になっているのが正しい道筋であり、節約生活=ミニマリスト生活ではありません。

 

ミニマリストであっても、自分にとって大切なことにはお金をかけるべき、というかそのためにミニマリスト生活をしているのだと考えています。

 

目的と結果を取り違えないようにして、ミニマリスト生活を送っていきたいものです。(自戒の念を込めて)

TOPへ戻る